メインイメージ画像

小中高の教員の他にも教育分野の資格には様々な種類があります

人間として生きていく上で教育というものはとても大切なもので、教育が間違ってしまうと間違った価値観が植え込まれてしまう場合がありますが、逆にマナーや常識、思いやりの心を持つなどの大切さを教育できればそれは人間性の進歩につながっていきます。やがてはなんらかの資格を得ていく学生ですが、その中の資格の1つは教育に関わるものです。

教育の種類は実に色々であり、求められているものなども異なっています。何の分野の教育に携わるにしても、教えることはやりがいのある職種であり、自分の教育の仕方がそれを受ける方に大きな影響を及ぼすものとなるのでかなり重要なものとなります。

その教育の数多くあるものの種類としての1つが小学校や中学校や高校教諭普通免許であり、子供たち、特に思春期の若い子たちを相手にするものです。これらは国家資格といわれ、その試験に合格することが求められます。かなりの教養と、人をわかりやすく教えるというスキルが必要になります。

そしてこの国家資格を取るには受験資格となるものが幾つかあり、それらが揃っていなければなりません。

ちなみに他の資格としては聾学校や盲学校、養護学校などの特殊な障害がある人たちを教えるための学校があります。障害持ちであるゆえの独特の問題があることから高い専門性が必要とされる学校です。さらに公的な資格ではありませんが、民間で独自に認定している資格としてチャイルドマインダーというものがあり、これは託児所や保育園、また自宅においての教室の開業ができるものとなっています。最後に取り上げておきたいのは日本語教師というものであり、これは外国人に日本語を教えるという日本語教員のことであり、海外から来る外国人は増え続けていることから、このような分野での教育できる人が増えてきているのです。

ことさらこの資格は外国人とのコミュニケーションの能力という面でのスキルが求められてきます。

このように幾つかの教育の種を取り上げましたが、他にもいろいろあり、その中から自分の目指したいものが見つけることができるのであればそれはよいことです。どの教育の種類に関係してくるかにしてもそれは素晴らしい仕事となります。